スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの「面白くない恋人」がなんとニュースになっていたっていうwwww

yahooニュースより引用


白い恋人が面白い恋人を訴えた…吉本興業などの商標権侵害主張

 北海道の人気菓子「白い恋人」を製造、販売する石屋製菓(札幌市)は28日、大阪土産として人気の菓子「面白い恋人」を販売する吉本興業と子会社・よしもとクリエイティブ・エージェンシーなどを札幌地裁に提訴したと発表した。商標権を侵害しているとして、販売差し止めなどを求めた石屋製菓の島田俊平社長は記者会見で、「悪乗りが過ぎ、全然面白くない」と怒り心頭だ。

 石屋製菓によると、この日午前、地裁に訴状を提出。商標権を侵害しているとする「面白い恋人」の販売差し止めや生産済み商品の廃棄を求めた。

 石屋製菓の島田社長は札幌市で記者会見し「短期間で販売を終えると思ったが、東京でも売られ、見過ごせなくなった。悪乗りが過ぎ、全然面白くない」と話した。

 本家本元にとっては「面白い」はずがない。笑えないギャグ商品に我慢ができなかった。担当弁護士の柴崎泰斗氏は「商品名も『面』の字が入っているだけでほぼ同じ。パッケージも背景の色彩や、模様となっているリボンの形状、文字やイラストなどもそっくり」と指摘。また、「間違って買われた方もいる」と、同社がブランドイメージを著しく傷つけられたとして今後、損害賠償請求する方針であることも明らかにした。

 「白い恋人」は、口の中でとろけるような食感が特徴のサクサクのクッキーに、ホワイトチョコレートやミルクチョコレートを挟んだもの。一方、「面白い―」は焼き菓子に、みたらし味のクリームを挟んだものと、商品自体は味も見た目も違うが、柴崎弁護士は「焼き菓子に甘いものを挟むという点で類似品だ」と主張した。

 1976年に販売を開始した「白い―」は北海道を代表する菓子として、土産品としても高い人気を誇り、年間売り上げは約1億8000万枚。売上高は約72億円に上る。一方の「面白い―」はJR新大阪駅の「大阪の土産物ランキング」で2位になったほか、大阪市内の吉本興業のグッズ販売店や関西国際空港、東京都内の物産店などでも扱っている。

 よしもとクリエイティブ・エージェンシーの広報は「突然の提訴なので驚いております。訴状を見て、適切に対応したいと思います」とコメントしている。

 吉本興業は「面白い―」のほか、その商品名から豊島屋(神奈川県鎌倉市)の「鳩サブレー」を連想させる菓子「東京カブレ」を今年7月から発売している。

以上!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おのっち

Author:おのっち
ようこそ
画像はクリックして拡大してね。
twitter:jeeper_0521
Facebook:Ryuta jeeper
youtube ID:jeeper0521
生存先↓
PSNID:jeeper_j38(見かけたら声かけてね)
AVA:ジープニー
ドリフトシティ:jeeper_j38
BF3:jeeper_j38
rFactor:R ono

アクセスカウンター
アクセスカウンター
コーヒーメーカー通販ホームベーカリー通販カラコン着物買取
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。